スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニュースのメモ帳サイトトップ >エンターテイメント >>2008年ヒット商品番付をSMBCコンサルティングが発表。今年は横綱は「該当なし」

2008年ヒット商品番付をSMBCコンサルティングが発表。今年は横綱は「該当なし」

SMBCコンサルティングが、2008年ヒット商品番付を発表しました。
今年は横綱の「該当なし」となりました。
景気が悪くなったことや、物価の高騰も原因のひとつですが、選択肢が増えた事も
ヒット商品が出にくくなったことの原因のひとつのようです。

食の安全に対する不信感などから「消費者に生活防衛意識が芽生えた」
一年を象徴する番付となった、と記事には書かれてますが、マスコミから
一方的に発信される情報に頼らなくなった、とも言えるでしょう。

今までは、作り上げられてきたブームに乗っかることで「流行」が
支えられてきたけれど、ネットなどで実際に購入した人の感想などが分かるようになり、
クチコミを頼りに、自分で選ぶというスタイルが定着してきたのだと思います。

だから、人の数だけニーズが細分化した結果、爆発的なヒット商品が
なくなっただけで、業界別にすればヒット商品ってあるんですよね。

例えば、日経トレンディが発表している「2008ヒット商品ベスト30」に
取り上げられてる「5万円パソコン」のさきがけである「Eee PC」なんかそうですね。

今年の春モデルという少しだけ前のものだというのに、
3万円ほどで買えたりします。

メールとネット閲覧だけ出来れば十分、という人にはこれで十分でしょう。
電子レンジの「温めるだけ」、プリンタの「印刷するだけ」、携帯の「特定の人にかけるだけ」
こういうシンプル機能商品のパソコン版ですもんね。

自分が必要な機能だけ付いてれば良い、その分値段が安くなってればもっと良い、
というニーズに答えてヒットになった商品です。

Eee PC 一覧もありますので、一度ご覧になってください。
色もカラフルで、ネットを少しだけするのなら十分な機能が揃ってますよ。

性能が高ければ良い、最新のものなら良い、という価値観では
商品が売れなくなってきてるだけで、「消費者が本当に望んでるのは何か?」
に答えられる企業なら、これから先もヒット商品をドンドン作り出せるでしょうね。


それか、「Wii Fit」みたいに、子供からお年寄りまで楽しめるものか。

これは、ゲームは子供やヘビーユーザーが楽しむもの、というのを
根本的に覆した感じがしますよね。

もともと、任天堂という会社が花札の会社で「ゲームは家族で楽しむもの」
みたいなのが根本にあったからかな?と思ってます。

ある意味、原点に帰ったんですよね。
誰もが遊べるゲームの現代版を作り出したのが、勝因ですね。

メタボが気になるお父さん・お母さんだって楽しめるし、運動になるし、
ゲームソフトしか使えなかったのが、ゲームをしたり体調管理をしたり、
体を動かせたり・・・それがまたそれぞれに楽しいし。

目的別に色んなことが出来るのって、楽しいですもんね。


あとのヒット商品は「花畑牧場キャラメル」とか「篤姫」とか。

アウトレットモールってのが分からないけど「コストコ」とか「IKEA」が
これに含まれるのかな?

自分が知ってるのもあれば、全く知らないのもあり、
本当に世の中のニーズって、多様化してるんだな~と思いますね。


ニュースのメモ帳

ランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング

楽天ウェブサービスセンター

SEOパーツ



  • seo

SEOパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。