スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newsnomemo.blog94.fc2.com/tb.php/100-8f8a8665

-件のトラックバック

ニュースのメモ帳サイトトップ >国内ニュース >>「ドギーバッグ」が当たり前の世の中になるのかな?

「ドギーバッグ」が当たり前の世の中になるのかな?

飲食店で食べ残した料理の「持ち帰りサービス」は、海外では当たり前ですが、
このサービスを日本でも実施するお店が増えてたようで、持ち帰るための
ドギーバッグ 」と呼ばれる専用容器も発売されるなど、注目が高まっているようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081107-00000553-san-soci

ドギーバッグ 」は、1人分の量が多いアメリカで、持ち帰る客が
「持って返って犬の餌にする」という言い訳?として使えるように、
「Doggie bag(ドギーバッグ)」と名づけられたようで、今では持ち帰ることが
習慣となっていて、海外では大抵のお店に置いてあるそうです。

・・・アメリカ、ポテトとか山盛りに盛って、出てきそうですもんね~。

確か前に、パックンマックンのパックンが、久々にアメリカに帰ったら、
山盛りでドサーッと出て来たお皿を前に、「これ何人前あるんだよっ!?」と
思ったら、一人前だった。どうやったら小分けにできるんだ?と思った、
なんて話をしてましたw。

完全に日本の一人分に慣れてしまったからこその感想で
思わず笑ってしまったんですが、ドギーバッグを使っての持ち帰りが
当たり前なら、その量も納得ですね。


で、そんなドギーバッグが日本にも登場。
飲食店でお客が料理を残していたら「持ち帰りますか?」と聞くお店が
徐々にではあるけれど、増えてきてるようですね。

女性客には好評で、自分で持ち帰るための容器を持参する方も
増えてきてる、ということ。

容器自体はわりと小さめのものです。こういうの↓ 

      ドギーバッグ


折りたたみ式になってて、プラスチック製のまな板に使われている
ポリプロピレン素材で作られているので洗えます。当然何度も使えます。

食料自給率は40%なのに、食品廃棄物が年間約300万トンに上る日本ですが、
食べ残しを減らす取り組みが各地で始まっていて、福井県では、ホテルや飲食店など
約50店舗が持ち帰り用容器を提供しているそうです。

世界には満足に食べられない方も多い中、贅沢どころか「ムダ」なものとして
食品を廃棄している状態は、本当に「もったいない」!

それと、食料そのものも値段が高騰して、どこもムダにしてる余裕はないし、
出された食事を残す、ということに罪悪感を感じる人も、持ち帰りが出来るのなら、
安心して好きな料理を注文できるし、この制度が流行ればいいな、と思います。


が!

現状はなかなか難しいらしく、特に日本には「食中毒」というものがあるので、
客が持ち帰りたいと希望しても、お店側が断る事も多いそうです。

特に、チェーン展開をしているお店では、持ち帰ったお客が、いつ・どんな状態で
食べるのか責任がもてないうえに、食中毒がおこればチェーン全体の問題になるので、
積極的に導入するのは難しい、とのこと。

・・・そりゃ、そうですよね。

持ち帰った人が、ウッカリ日が経ってから食べて食中毒になったとしても、
お店の料理が原因じゃないか?って噂になりかねないし。

お客の側にも、普通に持ち帰ったのを食べたら食中毒になった。
でも店側は「持ち帰ってから時間が経ちすぎてる」として何も聞いてくれない。
もしかしたら、店で食べた料理が原因かも知れないのに・・・。

など、どちらにも怪しい状況が出来上がりかねません。


お店側・客側の双方が、きっちりと理解して、かつお客の自己責任で
持ち帰るという形でなら大丈夫か?

アメリカ資本のお店では既に実施していて、今まで一度も問題はない!
と言い切ってるお店もあるみたいけど、アメリカ感覚で言い切られても
それはイマイチ信用できないなぁ~。

定着するかどうかは、当たり前という意識になる前に
騒ぎが起こっても、上手におさまるところにおさまった、という
実績が積めるかどうか、にかかってきそうです。
    
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://newsnomemo.blog94.fc2.com/tb.php/100-8f8a8665

0件のトラックバック

ニュースのメモ帳

ランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング

楽天ウェブサービスセンター

SEOパーツ



  • seo

SEOパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。